横手市立山内小学校 公式ブログ

学校教育目標  ~夢にむかって キラッと! やさしく かしこく たくましく~

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

9年間を見通して~山内地区小中合同授業研究会

小中授業研1
12月10日(火)に山内中学校を会場に,小中合同授業研究会が行われました。
これは小中学校がそれぞれ1校ずつという山内地区において,小・中それぞれの学校が連携して教育振興を図ることを目的とする山内小・中連絡協議会の事業の一環で行われたものです。
小・中学校が交互に授業を公開し,協議会を合同で開催することで小中学校の9年間を通して子どもたちのを学習面,学力の向上を図り,小・中学校の教職員相互の授業力向上のための研修の機会となっています。
今回は,山内中学校1年生の学級活動「人はなぜ働くのだろう」の授業を参観しました。望ましい勤労観・職業観の形成を目指して,パネルディスカッション形式での話合い活動が展開されました。
4人のパネラーはそれぞれ「お金のため」「社会に貢献するため」「生きがいを見つけるため」「自分の才能を生かすため」という考えを展開し,メモをとりながら聞いていたフロアーとの意見交換でそれぞれの考えを深めていきました。
最後のふりかえりでは「様々な考えを聞くことができた」「自分の考えを見直すことができた」「どの考えも大切で,1つに決めることはできない」というような感想を述べていました。
授業後の協議会では,小学校低学年部と中学1年部,中学年部と中学2年部,高学年部と中3年部の3分科会での協議を行いました。その中では,参観した授業についての意見交換以外にも,メモの取り方やキャリア教育の段階的な指導等,9年間を見通した指導の在り方について活発な話合いがされ,研修を深めることができました。
小中授業研2
スポンサーサイト

| 職員研修 | 16:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

算数での学びあい~3年「少数」&5年算数「四角形と三角形の面積」

CIMG8907.jpg10月31日 3年「小数」CIMG9245.jpg11月22日 5年算数「三角形の面積」

本校の研究主題は「よく考え、自分の思いを伝え合い、高め合う子どもの育成~かかわり合いを通して、基礎的・基本的な力を身に付ける、国語と算数の授業づくり~」です。
1時間の授業モデルを次のように設定しています。
○導入「つかむ」「見通す」(自力思考)→○学び合い「やってみる」「かかわり合う」(集団思考)→○終末「ふりかえり」

算数では、問題→課題設定→見通し→自力思考→集団思考(グループ→全体)→まとめ→評価問題→ふりかえり という流れで問題解決型の学習を積み重ねています。

10月31日には、3年生が「小数」に、11月19日には、5年生が「四角形と三角形の面積」で校内授業研究会を行いました。
どちらの授業も2人の先生が入ってのティームティーチング(TT)で行われ、子どもたちは、グループで全体で学び合って、「わかった」を実感できる学習を進めることができました。

これで、今年度予定されている算数科の授業研究会は終わりになりますが、グループや全体での学び合いのよりよいあり方について、今後も研修を深める予定です。

11月27日には、最後の校内授業研究会として1年生の国語「むかしばなしがいっぱい」が行われます。

| 職員研修 | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

前期研修のふりかえり

10月16日(水)学校は秋季休業中ですが,職員会議の後,職員研修を行いました。
前期の取組みについて成果と課題を出し合い,後期の研修実践につなげようとするものです。

今年度の研修主題は,次の通りです。
 『よく考え,自分の思いを伝え合い,高め合う子どもの育成
   ~かかわり合いを通して,基礎的・基本的な力を身に付ける,国語と算数の授業づくり~』

この主題を受けて研究の重点(授業での共通実践事項)を3つあげて取り組んでいます。     
(1)子どもたちの感性を揺さぶり,「問い」をもたせるための働きかけ
  ・「問い」のきっかけを与える教材
  ・「問い」を引き出す課題提示
  ・「問い」をふくらませる発問
(2)「書いて考える,考えながら書く」指導の工夫
・板書と対応したノートづくりによる学習のめあてとゴールの明確化
・発達段階や各教科に応じたノートづくりのための基本パターンを指導
  ・自らの思考を練る場として活用するノートづくり
   (自分の考えを書いてまとめる。友達の考えを聞いて気づいたことを書き込む。など)
・「みんなのノート紹介コーナー」設置による全校児童への啓発
(3)子どもたち同士のかかわり合いを重視した学び合い
  ・学習形態の工夫(ペア・グループ・全体,座席配置)
・基本話型と声のものさしを活用した,学年に応じた話し合いのスキルの育成
・語彙を豊かにし,言葉によって考え,表現する学習活動の充実
  ・「聴く」「つなぐ」「もどす」という教師のコーディネート力の向上
・各学級での「キラッと言葉」紹介コーナーの設置

今日の前期のふり返りでは,
成果として,言語活動を位置づけた授業づくり(特に国語科),板書と対応したノートづくり(各教科),学び合いを生む学習形態の工夫(特に算数科),TT活用による個に応じた指導(特に算数科)の4点。
課題としては,課題意識をより明確にした授業づくり,学び合いのスキル(話し方・聞き方)の向上の2点が上げられました。

後期も子どもたちに「確かな学力」をつけるために,今後も研修を深めていきます。

CIMG9936.jpg CIMG9937.jpg



| 職員研修 | 14:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。